備忘録

メモっぽく使う

:first-child, :last-child擬似クラスの説明

【前提知識】

下記htmlを例に使用します

<tr>
<td>:first-child is here</td>
<td>ここは無関係</td>
<td>:last-child is here</td>
</tr>

 

【本題】

・tr td:first-child

 →緑色の要素が指定される

 →兄弟要素の最初

 

・tr td:last-child

 →青色の要素が指定される

 →兄弟要素の最後

 

【感想】

まぁ上と下が指定されるんだなと思いました。

 

タイプセレクタとclassセレクタ・idセレクタを併用するときの指定方法 編

【前提知識】

・タイプセレクタ

 →タグ名のこと(例:p, h1, li 等)

・classセレクタ

 →class属性のこと(例:class="selector"のselectorのこと)

・idセレクタ

 →id属性のこと(例:id="selector"のselectorのこと)

 

【本題】

・「li.selector」や「li#selector」のように書く

 →つなげて書くのがみそ

 

【NOTE】

・子孫セレクタを使用する際は「p a」や「li ul li」のように半角スペースを入れて書く

 →子孫セレクタとclass, idセレクタで指定するのとで記述方法がごっちゃになりやすいので注意

 

【感想】

・覚えるのがめんどくさいから全部半角スペースにして欲しいw

 

【参考】

セレクタの指定方法いろいろ | koichi.jp

ドメイン・サブドメイン

独自ドメイン

「◯◯◯.com」

サブドメイン

aaa.◯◯◯.com」

bbb.◯◯◯.com」

aaa」「bbb」の部分がサブドメイン

 

【なんのため】

1つのドメインを複数に分割するため。

複数ドメインを取得する手間・コストが省ける。

 

【参考】

http://www.nadukete.net/domain-guide/beginners/subdomain.html

 

【感想】

Google AdSenseサブドメインじゃ登録できない。。。

 

複数セレクタにスタイルを適用する方法・擬似クラスとは 編

CSS前提知識】

セレクタの種類

  →タイプセレクタ:タグ名を条件にするセレクタ(例: p {スタイル})

  →全称セレクタ:すべての要素にマッチするセレクタ(例:* {スタイル})

  →idセレクタ:id属性値を条件にするセレクタ(例:#footer {スタイル})

  →classセレクタ:class属性値を条件にするセレクタ(例: .photo{スタイル})

・おまけ

 →子孫コンビネータ:特定の親要素に含まれる子要素、子孫要素にマッチさせるセレクタのこと

 

【複数セレクタにスタイルを適用させる方法】

・カンマで区切るだけ

(例:th, td {スタイル})

 

【疑似クラス】

 →セレクタの基本的な役割を拡張して、要素の状態に注目するのが擬似クラス

  →(例: a:hover {スタイル}、 a:active {スタイル})

 

【感想】

慣れればなんてことない 

が、

初心者の内は忘れがちなので注意

 

シェルをzshに変更する方法と設定とかその他諸々

Macのデフォルトのログインシェルはbashだがそれをzshに変更する方法】

(なんで変更するかは今後調べる予定・・・)

1)cat /etc/shells でシェルが指定できるかを確認

  →zshがあれば大丈夫

2)chsh -s /bin/zsh でログインシェルをzshに変更

3)ターミナルを閉じて、再起動からpsコマンドで確認

 

zshの設定を変更する方法】

1)cd でホームに移動、touch .zshrcでzshの設定ファイルを作成

2)とりあえず以下のaliasのみ設定

alias vi='vim'
alias ll="ls -lap"

3)保存してターミナル再起動

(source ~/.zshrcなら再起動しなくていい)

 

【感想】

llはホント便利

 

参考資料

mollifier.hatenablog.com

eng-entrance.com

eng-entrance.com