インターネット

忘れてもいいように書く

複数セレクタにスタイルを適用する方法・擬似クラスとは 編

CSS前提知識】

セレクタの種類

  →タイプセレクタ:タグ名を条件にするセレクタ(例: p {スタイル})

  →全称セレクタ:すべての要素にマッチするセレクタ(例:* {スタイル})

  →idセレクタ:id属性値を条件にするセレクタ(例:#footer {スタイル})

  →classセレクタ:class属性値を条件にするセレクタ(例: .photo{スタイル})

・おまけ

 →子孫コンビネータ:特定の親要素に含まれる子要素、子孫要素にマッチさせるセレクタのこと

 

【複数セレクタにスタイルを適用させる方法】

・カンマで区切るだけ

(例:th, td {スタイル})

 

【疑似クラス】

 →セレクタの基本的な役割を拡張して、要素の状態に注目するのが擬似クラス

  →(例: a:hover {スタイル}、 a:active {スタイル})

 

【感想】

慣れればなんてことない 

が、

初心者の内は忘れがちなので注意